ホワイトボードはオリジナルデザインの印刷も可能

   

スケジュール管理などで罫線を印刷したホワイトボードを使いたいとき、まず最初に既製品から探し始めるでしょう。既製品は種類も豊富にあり、比較的短期間にリーズナブルな価格で購入できるのがメリットですが、枠や項目が足りないことも多いものです。
ホワイトボードを取り扱っている業者の中には、既製品のカスタマイズやオリジナルデザインの印刷に対応しているところもあります。印刷料金も比較的リーズナブルなことが多いので、まずは相談してみましょう。経験豊富なプロのアドバイスを受けられるチャンスになるかもしれません。
ホワイトボードは一度購入すれば、長期間使うものです。満足できない既製品を我慢して使うよりも、納得のいくものを購入することが大切です。

オリジナルデザインのメリット

オリジナルデザインのホワイトボードは、枠や項目を自由に設定できます。項目を決める過程で業務の見直しが行われることもあるでしょう。必要な項目だけで作成できるので、ホワイトボードを無駄なく活用することが可能になります。
既製品は白地に黒の文字や罫線が使われていることが多いですが、オリジナルデザインの印刷では、強調したい部分に色を使って目立たせたり、項目を色分けすることもできます。色分けすることで見やすくなるのはもちろん、一行おきに色をつければ間違ったところに書きこんでしまうミスも防げます。
ホワイトボードに印刷できるのは、文字や罫線だけではありません。ロゴやイラストなども印刷可能です。社名を入れることで社員の士気を高めたり、イラストを使って雰囲気を変えるのに役立てるのもおすすめです。

業者選びのポイントと注意点

オリジナルデザインの印刷を業者に依頼する場合、まず最初に使いたいサイズや素材、タイプに対応しているかどうかを確認する必要があります。脚付きなど大きなサイズに印刷したい場合には、特に注意が必要です。
次に、提供しているサービスの内容を確認します。表形式を希望する場合には、自由に枠組みを決められるかどうか、イラストを印刷したいときはフルカラーに対応しているかどうかも重要なポイントです。データの入稿形式や、データ変換に対応しているかどうかもチェックしておきましょう。
デザインに自信がない場合や、相談にのってもらいたい場合には、手書きのイメージ図からデザインを作成してもらえる業者を選ぶ必要があります。価格はもちろん、納期や支払い方法についても事前に確認しておくことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

印刷したホワイトボードの活用シーン

ホワイトボードは、設置方法や場所により、壁掛けタイプ、脚付きタイプ、屋外用の3種類にわけることができます。壁掛けタイプはオフィスはもちろん、家庭でもよく使われます。オフィスでは書き消しの性能がよく耐久...

印刷したホワイトボードを長持ちさせるためには

長期間使っているうちに、書いた文字が消えにくくなったり、筆記面が黒ずんでくることがあります。印刷したホワイトボードが汚れたり、消えなくなる原因は、主に次の3つです。もっとも多いのは、間違った使い方をし...

ホワイトボードはオリジナルデザインの印刷も可能

スケジュール管理などで罫線を印刷したホワイトボードを使いたいとき、まず最初に既製品から探し始めるでしょう。既製品は種類も豊富にあり、比較的短期間にリーズナブルな価格で購入できるのがメリットですが、枠や...

印刷できるホワイトボードの種類と特徴

ホワイトボードの筆記面に使われる素材は、主にホーローとスチールの2種類です。見た目はほとんど変わらず、ペンやイレーザーも同じものが使えます。どちらの素材も業務用として日常的に使うのに十分な性能・耐久性...