業務改善に役立つホワイトボード印刷

   

複数の人が集まって仕事をする職場では、ホワイトボードをよく見かけます。会議室はもちろん、部署単位で複数のホワイトボードが置かれていることも多いでしょう。その都度、文字を書き込み、消しながら使用するものなので、使い勝手の良さは仕事の効率に大きな影響を与えます。ホワイトボードを新しいものに変えたり、使い方を見直すことで業務が改善される可能性も高いです。
印刷はホワイトボードを効果的に使う有効な方法のひとつです。よく使われる項目は最初から印刷されている方がよく、罫線が印刷されていれば使いやすくなります。まずは今どんな風に使っているかを見直すところから始めてみましょう。

オフィスでホワイトボードが使われる理由

学校では備え付けの黒板が使われることが多いのに対し、オフィスでは移動可能なホワイトボードが主流です。どちらも消したり書いたりしながら繰り返し使う点では同じですが、オフィスで黒板が使われることはあまりありません。
学校で黒板が使われることが多いのは、教育の現場に適しているからです。黒板は光が反射した場合でも書かれた内容が見えやすく、黒地に白の文字は目にやさしいと言われています。チョークは値段が安く、残量がひとめでわかり、図形を描くときは色が塗りやすいこともメリットです。
ただし、チョークは、使うとき粉が出てしまいます。黒板は粉で汚れやすいことから、ビジネスの現場では清潔感があり掃除のしやすいホワイトボードが使われることが多いです。

ホワイトボードに印刷して使うメリット

ホワイトボードは誰がいつ、どのような目的で使うかによって、いくつかのタイプにわけることができます。会議やミーティングでは、参加者は決まっておらず、その都度違った内容が書き込まれます。会議が終われば、消されるのが一般的です。
これに対し、予定表やシフト表などは、使う人や目的が決まっています。更新されるのは一部分で、曜日や氏名などは固定されていることが多いです。目的や使う人が決まっている場合には、表形式になった既製品を使うのが便利です。既製品は多くの企業で必要とされる項目を網羅していることが多いので、書き込む項目を見直すきっかけにもなります。
業務内容によっては、独自の項目が必要な場合もあるでしょう。そのときには、オリジナルデザインのボードを印刷することで、書き込む人の負担を減らすことが可能です。印刷を行っている業者は、インターネットで探せます。まずは情報収集から始めてみてはいかがでしょうか。

4月から運送料が上がりましたが、お客様のご期待を損ねることのないように、特別料金でお客様のご注文をお待ちしております。 のぼり旗でお店をさらにアピールされたいお客様必見! 東京・大阪・名古屋の主要3都市を含む、全国7ヶ所に営業所があり営業マンがお伺い致します! サインパートナーはお客さまの業容拡大と収益アップのビジネスパートナーとして10万社を超える企業とのお取引を致しております。 ホワイトボード印刷|オリジナルデザインで印刷できます!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

印刷したホワイトボードの活用シーン

ホワイトボードは、設置方法や場所により、壁掛けタイプ、脚付きタイプ、屋外用の3種類にわけることができます。壁掛けタイプはオフィスはもちろん、家庭でもよく使われます。オフィスでは書き消しの性能がよく耐久...

印刷したホワイトボードを長持ちさせるためには

長期間使っているうちに、書いた文字が消えにくくなったり、筆記面が黒ずんでくることがあります。印刷したホワイトボードが汚れたり、消えなくなる原因は、主に次の3つです。もっとも多いのは、間違った使い方をし...

ホワイトボードはオリジナルデザインの印刷も可能

スケジュール管理などで罫線を印刷したホワイトボードを使いたいとき、まず最初に既製品から探し始めるでしょう。既製品は種類も豊富にあり、比較的短期間にリーズナブルな価格で購入できるのがメリットですが、枠や...

印刷できるホワイトボードの種類と特徴

ホワイトボードの筆記面に使われる素材は、主にホーローとスチールの2種類です。見た目はほとんど変わらず、ペンやイレーザーも同じものが使えます。どちらの素材も業務用として日常的に使うのに十分な性能・耐久性...